• がん疾患センターについて
  • がん治療の流れ
  • 診療の内容
  • 情報提供
  • 医療関係者向け情報
がん治療の流れ
  • セカンドオピニオン
  • 外来化学療法室

外来化学療法室

外来化学療法室は、通院で化学療法を行う患者様が、安全に・快適に治療が受けられ、安心して自宅での日常生活ができるように開設しました。外来化学療法を行うには、患者様やご家族が病気や化学療法についてよく知り治療や副作用と上手く付き合っていくことが大切です。患者様やご家族が異常に感じたことや気がかりなことなど話しやすい環境を整え、コミュニケーションを大切に体調管理できるよう一緒に考えサポートさせて頂きます。

外来化学療法とは

  • がんの化学療法とは、がん細胞を攻撃する薬(抗がん剤)を使って行う治療のことです。抗がん剤は、勝手にどんどん増え続けていくがん細胞の増殖を抑えたり、死滅させる効果があります。手術後にがんが再発しないように、また、がんの症状を和らげ、皆さんそれぞれが自分らしい生活を送れるように、抗がん剤を使います。化学療法と言えば、以前は入院による治療が主流でした。しかし最近では、新しい抗がん剤や副作用を抑える薬と長期間の投与に適した医療機器を組み合わせることにより、外来や自宅で化学療法を実施することが可能となりました。自宅での生活を続けながら、外来で治療が受けられることで、精神的にも経済的にも負担が少なくなると思います。体調がよければ、お仕事を継続することもできます。

外来化学療法の利点

  • 入院せずに治療を受けることには、良い面がたくさんあることがわかってきています。たとえば、ご家族とともに慣れた自宅での生活(日常生活)が続けられることで精神的にリラックスでき、また、仕事を継続できることにより、経済的にも安定した生活を送ることができます。

外来化学療法で注意すべき点

  • 治療を受けて帰宅された後、自宅では副作用に対してご自身で管理する必要があります。そのため化学療法開始時、薬剤変更時の初回は必ず入院の上、医療スタッフより副作用の内容や対応方法について説明を行い、万全を期して治療を行っていきます。又、外来化学療法中の患者様も状態変化時にはいつでも診療、入院対応ができるよう、24時間体制をとっています。もし、不安な点や疑問なことがありましたら、いつでもご相談ください。

ご利用対象患者様

  • 現在のところ、外来で化学療法を受ける成人の患者様がご利用の対象になります。さらに安全性を期して、外来化学療法の適応基準を設けております。治療内容やお体の状態など様々な面から主治医がご一緒に検討させていただきますので、ご遠慮なく主治医にご相談ください。

治療環境について

  • 当センターではできるだけ患者さんに快適に過ごしていただくために、リクライニングチェアを7台、ベッドを6台用意して、テレビ放送を楽しみながら化学療法を受けられるようになっています。医師の指示のもと薬剤師が調剤を行い、化学療法室には専任の看護師が常に治療の状況・患者様の状態を観察していますので、安心して化学療法を受けることができます。

外来化学療法室での治療の流れ

  • 外来化学療法の診察から治療までのフローチャートです。
  • 外来化学療法の診察から治療までのフローチャート
  • 血液検査がある場合は、診療時間の1時間前にお越し下さい。血液検査が終わりましたら、各科外来前で診察までお待ちいただきます。採血の結果が出るまでに約1時間かかります。
    診察の時、発熱や体調不良などいつもと変わったことがある場合は、各科が依頼看護師や主治医までご相談ください。体調や血液検査の結果で当日の化学療法ができるか判断し、可能と判断すれば治療の準備を行います。
    化学療法室では、治療の準備で30分程度かかることがありますが、安全に行うためご了承ください。治療開始から終了までの時間はちりょうにより異なります。
    会計では、お支払い後の領収書に次回診察予約時間、診察前検査が記載されますので、ご参照ください。

お申込み・お問合せ先・詳細

  • 各疾患の外来化学療法については各科外来医師へお問い合わせください。
    外来化学療法室へのご質問等は下記までご連絡ください。
  • 国立病院機構大阪南医療センター 外来化学療法室
    TEL:0721-53-5761 FAX:0721-50-4416
    受付時間 9時30分〜16時00分 (月〜金) 祝日・年末年始は除く。
    ※FAXは24時間受付をしております。

ページの先頭へ