• がん疾患センターについて
  • がん治療の流れ
  • 診療の内容
  • 情報提供
  • 医療関係者向け情報
診療の内容
  • がんの診療
  • 診療科の紹介
  • 緩和ケア
  • がん相談支援センター
  • 治療実績

がんの診療

当院は、婦人科系がん・泌尿器科系がんを中心に、日本人に発生する頻度の高いがんとしてあげられる「肺がん」「胃がん」「肝がん」「大腸がん」「乳がん」の5大がんへの診療実績をもち、手術及び化学療法を効果的に組み合わせた治療を提供しております。また、患者さんの病態に応じた適切ながん医療を提供する目的で、医師・薬剤師・看護師などの各領域の専門家が最善の治療方法を検討するキャンサーボードを開始しております。
診療科や職種の垣根を越えた横断的な検討会を行うことにより、専門的な知識・技能の連携が強化され質の高いがん医療の提供が可能となります。

地域がん診療連携拠点病院の役割

  • 当センターは、平成14年12月に厚生労働大臣より「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けました。地域がん診療連携拠点病院とは、全国どこでも質の高いがん医療を確保するため、がん医療の均てん化を目標として、国が指定する医療機関です。
    二次医療圏の中心的役割を担う病院として、専門的ながん診療の実施や地域の医療機関と連携した医療の提供等を行います。
  • 診療
    地域の医療機関や大学病院と連携し、専門的な質の高い医療を提供する。
  • 研修
    地域がん医療水準の向上のため、がん拠点病院内や地域の他の医療機関でがん診療に従事する医師等に対し、
    最新の医療技術に関する研修を行う。
  • 情報の収集、提供
    相談支援機能を有する部門(相談支援センター)の設置
  • 啓発普及活動
  • 各都道府県において、我が国に多いがん(肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がん等)について、住民がその日常の生活圏域の中で全人的な質の高いがん医療を受けることができる体制を確保する観点から、平成13年に「地域がん診療拠点病院の整備に関する指針」が策定され、地域がん診療拠点病院の整備が進められてきました。
    平成13年度より進められている厚生労働省メディカルフロンティア戦略(効果的医療技術の確立推進臨床研究事業)の一環として、がん診療拠点病院の機能強化事業が平成15年度から事業化されました。平成16年度から「第3次対がん10年か年総合戦略」が開始、平成19年4月にがん対策基本法が施行され、がん医療の「均てん化」実現に向けて、地域がん診療連携拠点病院の機能の充実強化や診療連携体制の確保などを推進しています。

大阪南医療センターのがん診療体制

  • 専門スタッフの配備
    種々のがん診療に関して専門性を有する医師や看護師等のスタッフを配置しています。
  • 高度の診断・治療機器の整備
    高度の診断が可能な機器、治療のための高度医療機器を装備し、集中治療室・無菌治療室を設置しています。
  • 標準的および応用的治療の実施
    各学会の診療ガイドラインに準ずる標準的治療ならびに応用的治療を行っています。
  • 集学的治療の実施
    手術・抗がん剤治療・放射線治療等の組合わせや緩和医療を含む複数診療科間における交互診療支援等による集学的治療を行っています。
  • 緩和医療チームによる緩和医療
    緩和医療を支援するため専門医師、がん性疼痛認定看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー等の多職種からなる緩和医療チームが活動しています。
  • 外来化学療法センターの設置
    外来化学療法センターを設置し、外来通院による化学療法を積極的に行っています。
  • セカンドオピニオン外来の設置
    セカンドオピニオン外来でセカンドオピニオンを受付ています。また、セカンドオピニオンの提示も可能です。
  • がん診療相談窓口の開設
    患者さんやご家族からのご相談にお応えするための、がん診療相談窓口(相談支援センター)を設置しています。
  • 連携医療の実施
    地域のかかりつけ医や医療機関との連携医療を積極的に行なっています。
  • 地域がん診療の向上のための研修会等の実施
    地域の医療従事者等を対象に、合同カンファレンスや抗がん薬物療法の講習会等を実施し、
    地域がん診療の進歩、向上に努めています。
  • 院内がん登録の実施
    がん診療の状況を把握・分析し、がん診療の進歩・向上に役立てるための、院内がん登録を行なっています。
  • 治験の実施
    新しいがん治療薬の開発のために、治験を積極的に行っています。

胃がん

  • 大阪府の男性罹患第2位の胃がんは、自覚症状が出ることが少なく診断された時にはかなり進行している事もあります。
    近年、内視鏡検査の発達と医療技術の向上により身体に大きな負担もなく診断と治療がおこなえるようになってきました。
    大阪府やがん診療連携拠点病院での病期割合を確認しても診断時がⅠ期の割合が多いことがわかります。
    早期治療では内視鏡検査と同時に切除術もおこなうことができます。
    食欲不振、吐き気、痛み、体重減少などがあれば早目の受診をおすすめします。
  • 胃癌 施設別治療前病期分類
  • 胃癌 病期分類別治療

大腸がん

  • 日本人の大腸がん罹患数は食事の欧米化による影響で増加しています。
    大阪府の罹患でも男性第3位、女性第2位と他の臓器と比較して多いがんです。
    大阪府やがん診療連携拠点病院で病期割合を確認しますと、大腸がんではすでに進行してから診断されることが多くなってきていることが分かります。
    便に血液が混じっているかどうかを検査する便潜血検査が有効とされています。検診などで早期発見できれば身体の負担が軽い内視鏡的治療が可能となり完全に治る可能性が高くなります。また内服と組み合わせた治療も多く開発されています。
  • 大腸癌 施設別治療前病期分類
  • 大腸癌 病期分類別治療

肝がん

  • 肝がんの主な発生要因が明らかになっていて、肝炎ウイルスの感染から長年経て他の要因も重なりがんへと進行することが分かってきています。
    肝がんの約75%は、B型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルス感染による慢性的炎症や肝硬変が要因とされています。
    定期的に検査を受け肝炎ウイルス感染のチェックをすることが大切です。
    大阪府全体やがん診療連携拠点病院での病期割合を確認しますと、肝がんも診断時には進行している割合が多くなっています。
    当医療センターでは、開腹手術だけでなく、お薬を直接がんに注入して小さくする治療もおこなっています。
  • 肝癌 施設別治療前病期分類
  • 肝癌 病期分類別治療

肺がん

  • 肺がんも要因が分かってきているがんのひとつで、たばことの関係が深いことが研究データから分かってきています。たばこを吸わなくても煙を吸う受動喫煙からの発症とも関係が深いとされています。
    進行するにつれて、血液やリンパの流れに乗って広がり遠くの他の臓器へも転移します。大阪府でも男性第1位となっています。お薬の研究が進んでいますが、やはり手術治療の効果が高く、早期がんでは手術で根治の可能性があります。
    しかし、肺がんの早期発見は臓器がんの中でも難しいとされており、発見された時には手術ができないという状態も多く、緩和的な治療が中心となることも多くなります。
    当医療センターでは、堺市に立地する国立病院機構近畿中央病院や羽曳野市の府立呼吸器・アレルギーセンターと連携して地域の肺がん患者さんのフォローをおこなっています。
  • 肺癌 施設別治療前病期分類
  • 肺癌 病期分類別治療

乳がん

  • がんの罹患率、死亡率ともに年々増加しており、大阪府における女性でも第1位となっています。
    乳がん死亡は罹患の3分の1とされており生存率が高いがんで知られています。それには、治療法の多様化によって患者さんに応じて個別治療が充実してきていることにも要因があります。
    当医療センターでも手術とお薬や放射線治療を併用した治療を取り入れています。
  • 乳癌 施設別治療前病期分類
  • 乳癌 病期分類別治療

血液がん

  • がんは大きく分けると「固形がん」と「血液のがん」に分けられます。
    よく見られる固形がんには胃癌、 肺癌、乳癌、大腸癌などが含まれます。一方、血液細胞にできるがんを総称して血液がんといい、その代表が白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫です。
    当医療センターでも2011年以降、血液がんの割合が増えています。
    また、罹患数の将来推計値を見てみますと、血液がんは増加すると予測されています。
  • 院内がん登録 固形がんと血液がんの割合、血液がん罹患数推計値

前立腺がん

  • 前立腺がんは男性特有のがんです。早期ではほとんど症状はみられません。PSA検査で早めに診断することが大切です。PSA検査は血液検査だけの簡単な検査法です。
    年々、罹患数は増加すると予測されていますが、早期発見と適切な治療で、根治可能ながんです。
  • 前立腺がん治療前病期分類、前立腺がん罹患数推計値

膀胱がん

  • 膀胱癌は、女性より男性のほうが罹患率が高く、70歳代での発症がもっとも多いといわれています。 また、喫煙者に多いのも特徴の一つです。
    初期症状として多くみられるのは血尿です。早期では、内視鏡手術で治療が可能です。しかし、再発を繰り返すことが多いので、術後の定期的な検診が必要です。
  • 膀胱がん治療前病期分類、膀胱がん罹患数推計値

子宮がん

  • 子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんがあります。
    子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染が関連しているといわれています。初期のうちは自覚症状がほとんどみられません。最近は20~30歳代の女性にも増えてきています。早期発見できれば比較的治療しやすいがんです。
    一方、子宮体がんは、早期の段階で出血をきたすことが多く、好発年齢はほとんどが40歳以上です。早期発見できれば完治する可能性が高まります。
  • 子宮がん治療前病期分類、子宮がん罹患数推計値

卵巣がん

  • 卵巣がんは、自覚症状がなく、検診での発見も難しいため、進行した状態で見つかるケースが多いといわれています。
    はじめはほとんど自覚症状はありません。お腹が張る、下腹部に違和感がある、腹痛などの症状で受診することが多いのですが、見つかった時にはすでに進行しているということも少なくありません。しかし、抗がん剤が比較的効きやすいという特徴もあります。
    当医療センターでも年間のべ260名の患者さんが入院し、のべ1200名の患者さんが外来通院しています。腹部に違和感を感じたら早めに受診することが大切です。
  • 卵巣がん治療前病期分類、卵巣がん罹患数推計値

ページの先頭へ