• がん疾患センターについて
  • がん治療の流れ
  • 診療の内容
  • 情報提供
  • 医療関係者向け情報
がん疾患センターについて
  • はじめに
  • がん疾患センターの役割
  • 組織構成

がん疾患センターの組織構成

当センターの組織構成と各部の主な概要をご案内します。

部名 主な対象疾患と機能
薬剤部 外来・入院調剤をはじめとして、抗がん剤や高カロリー輸液の無菌調製、医薬品の適正使用における有効性・安全性などの情報収集および情報提供、新薬開発のための臨床試験(治験)業務など、その他様々な業務を行っています。
看護部 多職種によるチーム医療を実践することにより、科学的な判断に基づいた看護実践を行っています。
放射線部門 脳腫瘍、頭頸部腫瘍、食道がん、肺がん、乳がん、膵臓がん、肝臓がん、胆道がん、直腸肛門がん、子宮がん、前立腺がん、膀胱がん、皮膚がん、骨軟部肉腫などすべての悪性腫瘍を対象とし、治療を行っています。
外来化学療法 医学物理士は、放射線を利用する医療分野(放射線治療、放射線診断、核医学)において、医学物理や医療技術学の専門家として貢献する職種です。放射線治療部医学物理室では、放射線治療分野に関する物理的技術的業務を行います。
栄養管理室 患者様の食生活など、栄養のサポートを行っています。
がん相談支援センター がんに関する不安や悩み、知りたいことなど、患者さん・ご家族をサポートするところです。
緩和ケア推進室 がん患者さんの身体的・精神的な苦痛をやわらげるためのケアを提供するために、窓口となる機関です。
カウンセリング部門 いろいろな患者様の悩みなど、相談を受け付けています。
医療安全管理室 適切な医療安全管理を推進し、安全な医療の提供に資することを目的として、医療事故防止のため、各部門の長が集まり、様々な院内体制のあり方を検討しています。
治験管理室 「免疫異常」「循環器疾患」「がん」「骨・運動器疾患」の4つの分野を中心に高度先進医療を提供しています。

ページの先頭へ