独立行政法人 国立病院機構 大阪南看護学校
学校の沿革 教育過程 学校案内 VOICE OSAKA MINAMI 同窓の広場 就職先一覧 募集要項 入学試験合格者 学生の近況

教育課程 看護専門課程 看護学科
卒業後は・・・看護師国家試験受験資格保健師・助産師学校及び養護教諭課程の受験資格を取得
 教育課程  看護専門課程 看護学科
 1学年定員  80名
 修業年限  3年
 卒業後の資格
 (1) 看護師国家試験受験資格
 (2) 保健師・助産師学校及び養護教諭課程の受験資格


教育理念 UP
1.専門職としての看護実践能力の育成 2.社会の要請に応える能力の育成 3.自主・自律心の育成

教育目的 社会に貢献しうる有能な人材を育成
UP
看護師として必要な知識及び技術を教授し、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献し得る有能な人材を育成する。

教育目標 幅広く理解する能力を養う

UP
1. 看護の対象である人間を身体的・精神的・社会的・霊的に統合された存在として幅広く理解し、環境との相互作用があることを理解する能力を養う。
2. あらゆる健康レベルにある対象の健康課題を解決するため、科学的根拠に基づいた看護が実践できる基礎的能力を養う。
3. 人間尊重ができる豊かな人間性と、専門職業人として望ましい倫理観を養う。
4. 保健・医療・福祉を統合的に理解し、看護職が果たす役割を認識し、チームの一員として他職種と連携・協働できる能力を養う。
5. 生涯にわたって自己の資質向上を目指し、専門職業人として学習し続ける能力を養う。

教育内容 3年間で学ぶ講義と実習UP
基礎分野
●科学的思考の基盤 ●人間と生活・社会の理解
 生活科学
 物理学
 情報科学I
 情報科学II
 教育学
 論理的思考
 心理学
 哲学
 社会学
 英会話
 医学英語
 人間関係論
 保健体育
専門基礎分野
●人体の構造と機能 ●疾病の成り立ちと回復の促進 ●健康支援と社会保障制度
 解剖生理学I
 解剖生理学II
 解剖生理学III
 解剖生理学IV
 生化学
 栄養学
 病理学総論
 病態生理学I
 病態生理学II
 病態生理学III
 病態生理学IV
 病態生理学V
 微生物学
 薬理学
 臨床薬理学
 社会福祉I
 社会福祉II
 関係法規
 公衆衛生学I
 公衆衛生学II
 健康支援論
専門分野 I
●基礎看護学
 看護学概論
 看護基本技術I
 看護基本技術II
 看護基本技術III
 日常生活援助技術I
 日常生活援助技術II
 治療処置別援助技術I
 治療処置別援助技術II
 健康段階別援助技術
 看護研究
 基礎看護学実習I
 基礎看護学実習II
専門分野 II
●成人看護学 ●老年看護学 ●小児看護学
 成人看護学概論
 成人看護援助論I
 成人看護援助論II
 成人看護援助論III
 成人看護援助論IV
 成人看護援助論V
 成人看護演習
 成人看護学実習I
 成人看護学実習II
 成人看護学実習III
 老年看護学概論
 老年看護援助論I
 老年看護援助論II
 老年看護演習
 老年看護学実習I
 老年看護学実習II
 小児看護学概論
 小児看護援助論I
 小児看護援助論II
 小児看護演習
 小児看護学実習
●母性看護学 ●精神看護学  
 母性看護学概論
 母性看護援助論I
 母性看護援助論II
 母性看護演習
 母性看護学実習
 精神看護学概論
 精神看護援助論I
 精神看護援助論II
 精神看護演習
 精神看護学実習
 
統合分野
●在宅看護論 ●看護の統合と実践
 在宅看護概論
 在宅看護援助論I
 在宅看護援助論II
 在宅看護演習
 在宅看護論実習
 看護管理
 災害看護
 医療安全を守る技術I
 医療安全を守る技術II
 看護技術の統合
 統合看護実習
  Copyright (C)2003- Nursing School of OSAKA MINAMI. All Right Reserved.

 




TOP