独立行政法人 国立病院機構 大阪南看護学校
学校の沿革 教育過程 学校案内 VOICE OSAKA MINAMI 同窓の広場 就職先一覧 募集要項 入学試験合格者 学生の近況

学校の沿革 看護学校・学生宿舎
 本校は、昭和38年9月1日国立河内長野病院附属高等看護学院(3年課程、入学定員30名)として開設され、昭和40年4月病院の名称変更に伴い、国立大阪南病院附属看護学院と名称を変更、さらに昭和50年4月厚生省組織規定の改正に伴い、国立大阪南病院附属看護学校と名称を変更しました。
 平成14年4月1日国立療養所近畿中央病院附属看護学校(3年課程 入学定員50名)と統合、名称も国立大阪南病院附属大阪南看護学校と変更し、入学定員80名の大型校となりました。
 全国の国立病院附属看護学校の大型校としては14校目、近畿管内では初めての統合大型校です。4階建ての校舎は教育理念に沿うべく整備しており、教室や看護実習室等には最新の教育機器を備え、図書室も充実し、学習環境に恵まれています。
 学校に隣接した学生宿舎「さくらレジデンス」 96室は、全室個室(家具・冷暖房完備)で快適な生活を保障しています。
 平成16年4月1日、母体病院は、設置主体が厚生労働省から独立行政法人 国立病院機構に移管され、名称も「独立行政法人 国立病院機構 大阪南医療センター」となりました。それに伴い本校の名称は、「独立行政法人 国立病院機構 大阪南医療センター附属大阪南看護学校」に変更されました。
 本校は社会の変化に柔軟に対応し、生命倫理と人間尊重ができる豊かな人間性と創造性を持ち、科学的思考を基盤とした看護実践ができる人材を育成することをめざしています。また、独立行政法人 国立病院機構が担う政策医療を理解し、社会の期待に応えられるような基礎的能力が持てるように、教育をしています。

Copyright (C)2003- Nursing School of OSAKA MINAMI. All Right Reserved.

 




TOP